昔から付き合いのあるASPさんと、新宿で打ち合わせしてきました。

 

ASPさんは自社での打ち合わせ、喫茶店での打ち合わせで分かれる

自社の会議室で行いたい会社と、喫茶店で行いたい会社、結構分かれます。

今回の会社は、喫茶店が好きなASPさん。

ガラケー時代からの付き合いですから、結構長い。

当時もマイナーなASPで、今はもっとマイナー。。たぶん、新規の方は少ないかも。

 

突然電話が来ることが多いです。

 

「明日、打ち合わせ出来ますか?」って感じでw

 

電話がかかってきた時は、困ってる事が多いです。

なるべく早く会って対応するようにしています。

アフィリエイターが使うことでASPも潤う

アフィリエイターとASPさんとの関係は一蓮托生。

アフィリエイターの売り上げが上がると、ASPさんの売り上げを上げも上がる。強いては、担当の方の成績もアップする。という図式です。

 

したがって、向こうが困ったことがあれば、なるべく対応するようにしてます。

ASPさん側から連絡来た時の要求例

ASPさん側から連絡きたときは、たいてい以下の用事が多いです。

  • 売り上げが下がってるので上げてほしい
  • 使ってほしい広告がある
  • 現在作ってるサイト、ブログの状況を知りたい

 

ASPさんと打ち合わせするとき、こちらがクレクレ状態だと、あまり成り立ちません。

向こうも時間を割いて会ってるわけですから、必ず相手にもプラスになるよう対応してます。

見込み件数など数字で伝えると喜ぶ

僕は、相手が使ってほしい広告の場合、その場で色々相談して、その広告での勝負キーワードまで絞り込んでます。

  • そのキーワードがどれだけの検索数があるか
  • 1位になった場合の予想検索数
  • 自分の記事の作りの平均CVR(コンバージョンレート)
  • どれくらい取れそうか

以上の事を、その場でざっくりと調べて

数字で伝えるようにしてます。

向こうは数字で知りたいので、ここまでやると結構喜ばれます。

こちら側からも提案する

向こうの要件だけを飲むだけじゃなく、こちら側からも提案できるようになればベストです。

だいたい以下のような事を聞く事が多いです。

  • 広告の単価をアップしてもらう(特別単価)
  • 商品のサンプルをもらえるか
  • 獲得条件を変えれるか(成約ベースを申し込みベースに)
  • その広告の成約率
  • その広告がどこからの売り上げが多いかを教えてもらう(SEOか、リスティングか、FaceBook広告か)
  • 今作ってるブログを見せて、合う広告はあるか聞く

などなど

特別単価交渉のやり方

特別単価交渉のやり方ですが、いきなり

「特単ください」

 

っていうのは、もはや交渉じゃないです^^;

逆の立場だと、ちょっと・・・ってなりますよね。

数字で聞く

僕がいつも聞くときは

 

「何本獲得すれば特単になりますか?」

「最大いくらまでもらえますか?。その時の獲得本数は?」

こんな感じで聞いてます。

 

何本など、具体的な数字を聞くようにしてます。

数字で聞かれれば、相手も数字で返すしかありません。

 

ここで聞くだけで、既に実績があれば、何もせずに特単になることも多々あります。

打ち合わせで満足せずに「動く」

打ち合わせするだけで満足しないようにご注意ください。

僕は、結構多いんですよ^^;

 

ASPさんと打ち合わせして

その内容でブログを作る。記事を書く。その広告を使うことで、成約に繋がります。

 

打ち合わせしたあとは、「行動」しましょう