一口に美容といっても、商品名主体のキーワードで集客するいわゆる商標キーワードと、悩みから商品を紹介する悩み系キーワードでは、サイト構成が全く違います。

 

悩み系記事の構成

広告までのアプローチは人によって違うと思いますし、稼いでいる方でも色々と違いますが、自分はこんなパターンです。

biyou_kousei

 

悩み系キーワードは、冒頭ですぐに広告に誘導しても、ほとんど決まりません。

商品名を知らない人ばかりなので、そこに自分の悩みが解決する理由を説明する必要があります。

 

すぐに商品説明に入らずに、悩みを解決する成分を述べているのがポイントです。

広告に繋がる商品がどれだけ良いかも対比させるため、ドラッグストアで購入できる市販のコスメもそこで紹介するとより引き立ちます。

 

 

外注に出しやすい

この構成だと、外注に出しやすいのも特長です。

このパターンだと悩み部分商品説明部分の、それぞれでランサーズなどの記事外注に出すと難しい指示が必要なく、気軽に頼む事ができます。

gaichu_nayami

結構手離れがよく、どんどん記事をアップできます。