WordPress開発者イベントのWordcamp tokyo 2016に行ってきました。

驚いたのが、Googleさんが登壇してAMPの内容をお話したこと!。

evernote-camera-roll-20160917-214521 

AMPとは、Accelerated Mobile Pagesの略で、スマホでの閲覧を高速にするために作られたと技術です。

 

AMPの特徴は

  • ページがシンプルにすることでリクエストを削減
  • Javascriptを非同期ものだけに制限
  • 画像サイズ指定でリフローを防ぐ事でページ表示の高速化
  • ページをAMPサーバーにキャッシュ
  • ユーザーアクセス時はAMPサーバー上のデータを表示

 

セミナーで聞いた内容をそのまま書いたので小難しく聞こえますが、最もスゴイなと思ったのは

 

世界中のAMPサーバーにキャッシュして、ユーザー閲覧時は、自サーバーを経由せずに、キャッシュサーバー上の内容を表示することですね。

 

サーバーを経由しないのですから驚きです。

PV増加に伴う負荷なんか考えなくて済みます。

 

どんな風に見えるのか?

セミナー中に、Googleさんが実例で見せてくれました。

今現在(2016/9/17)は、ニュースなど一部の検索結果しかAMP対応していないとの事。

 

Googleで「パラリンピック」で検索

会場で検索したときは出ていたのですが、帰ってから検索してみると出なくなりました。

どうやら、ころころAMP対応キーワードが変わっているみたいです。

 

「豊洲移転」で検索してみたら、出たのでキャプチャしてみます。

AMP対応キーワード

 

検索結果1位の上に、AMP結果が一覧表示します。

スワイプすると、ザッピングしやすいのが特徴です。

 

今後、全てのモバイル検索結果に表示すると、Googleさんが言いました。

AMP対応するのは必須になりそうです。

 

検索順位に影響はあるのか?

これはハッキリと影響はありませんと、スライドにしてまで断言しました。

evernote-camera-roll-20160917-214523-1

 

ただ、検索結果で1位よりも上に表示されるので、事実上検索結果に影響していると思うんだけど・・・違うんだろうか・・。

 

AMP対応方法

WordPressは、プラグインで対応出来ます。

Googleさんは推奨プラグインまでは言及しませんでしたが、WordPressはプラグインで対応して下さいとの事。

 

AMPで検索すると沢山出てきますが、無難なのはWordpress開発元のAutomattic社製でしょう。

 

amp

 

簡単に出来るので、やっておくとよいと思います。