塾で講師をやってよく分かったのは、稼げませんという方の記事には特徴があります。

 

特に多かったのが、記事にキーワードが入ってないこと。

 

キーワードは、集客したい言葉になります。これが何も入ってない場合は、その記事は、検索エンジンからの流入が厳しいです。

 

キーワードを入れなくてもよい例外は、そのブログを書いている人が、キャラ立ちしている人です。

 

市川海老蔵さんは、その最たる方ですね。

 

アフィリエイターは、これを真似ては駄目です。なぜなら、市川海老蔵さんというブランドが既に出来上がっているからこそ、そのブログを見たいのであって、普通の人が同じように書いても、その私生活や言葉には何ら興味があるわけがないのです。

 

最近は、グーグルの仕様が変わって、必ずしもタイトルにキーワードが入っていなくても、一部上位表示しているのが目に入るようになりましたが、やはり基本はキーワードをタイトルに入れる事です。

 

そのことに興味なり、悩みを抱いている見込み客を呼びこむことが、キーワードの重要な要素だと思います。